暗闇の中に一筋の光で道を照らしてもらえたよう

March 12, 2018

おくま様(仮名)  50代  女性

​初めて織江先生のカウンセリングを受けたのは、今から約14年前になります。当時、人間関係で悩んでいた私に妹の知人が「織江先生に相談をしたらきっと道が拓けてくるからっ!」とサロンへ案内してくれました。


季節の変わり目の肌寒い夕方でしたが、織江先生のカウンセリングを受けようと多くの人が列をなして順番を待っていたことが昨日の事のように思い出されます。


その頃の私は40歳にさしかかっていましたが、織江先生は学生さんとお見受けするほどにとても若い女性だったので、失礼ながら「私の状況とか解ってもらえるのかなあ?」といささか不安に思いました。しかし、そんな気持ちは直ぐに吹き飛んでしまいました。

それほど織江先生のカウンセリングは私に生きる力を与えてくれるものでした。

明るく穏やかに私や私の取り巻く状況を丁寧に解りやすいように言い換えたり、喩え話を交えて論理的ながらも人生の機微に触れた説明をしてくれました。

 

四面楚歌的な状況であっても、未来に向かって少しでも良い状況となるような策を自分で考えられるように、寄り添ってくれました。

まさに、暗闇の中に一筋の光で道を照らしてもらえたように思い、再び人生に希望という力を持つことができたのでした。

 

この時の安心感は、14年後に再びカウンセリングを受けた時も揺るぎの無いものでした。本当に嬉しかったです。

 

年齢を重ねるごとに抱える問題も深刻になってきましたが、これからも人生に迷った時には、織江先生のカウンセリングを通して前を向いて生きていく力を得ていきたいと思います
 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

Please reload

※サイト内のコンテンツの転載を禁止します。 
Copyright 2000-2020 onimaru orie All Rights Reserved.

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now